2015年7月31日(金曜日)


次回のSUGOまでは5週間ありますね~

当初は、色々と練習メニューを考えていたんですが、藤沢での指の怪我に始まり・・・

気分的にテンションが、下がっちゃったように感じます。

猛暑の影響も大きいかと?


先週は、指の治療を優先で、練習はおやすみしました。

その分、バイクの整備&タイヤ交換など、猛暑の中・・・汗ダラダラ状態での作業。

いくら水分を取っても、たりないぐらいです!

また工場内の温度も、すごいことになっていて、扇風機をまわしても風が熱風で!まったく意味がありませんでした!

夕方、涼しくなるころになると・・・今度は、蚊の攻撃が!


ちょっと早めに、消耗品の交換をしたんです。

1台を大事に乗ってる我が家のバイクは・・・トラブルが起きれば、レースに出れませんからね~

デカールも、本番用を綺麗に張り替えてリフレッシュしました。

毎回思うんですけど、デカールを綺麗にすると、それだけでバイクが新車にもどったようなうれしさを感じます。


リフレッシュしたCRF450Rで!

SUGOまで、怪我の無いように練習してほしいです。



2015年7月29日(水曜日)


ちょっとレポートが遅れ気味ですいません。

土曜日の夜は、思ったよりは雨の勢いもなく、決勝当日はベスコンって感じでした。

前日の怪我の影響が気になりますが、しっかり冷やして睡眠をとらせたので、本人がどこまで頑張るか?でしょう。

朝の公式練習の様子も調子が良さそうに走りました。

思ったよりは指の痛みによる影響は少ないようです!

しかし、20分の決勝&気温の状態によれば厳しい戦いか?

レースまでの間は、昨日と同じように指を冷やしながら固定。


さ~IBのH1です・・・

予選でのスタートのイメージが良かったことで、センターで勝負します。

緊張のスタート・・・

今回もバッチリ!って感じに見えましたが・・・1コーナーには2番手。

しかしここの所、本当にスタートは安定してきたな~と感じます。

レースの前半は、今までの中では一番順位がい~2番手を守り走っていました。

ちょっと無理してるか~?とも感じ、呼吸とか落ち着いてとか集中なんて言葉をサインボードに書いて見せてました!

前半のペースが速かったからでしょうか?お約束のカラータイマーが10分を過ぎるとなりだした様子!

ペースが落ちだし・・・ブロックもできず!

徐々に順位を下げだします。


後半は・・・ヘロヘロの状態で10位フニッシュ。


かなり苦しかったようで、パドックに戻った直人は・・・扇風機を独り占め!

”前半、なんとか少しでも健君に付いていけるか?で、自分でもかなり無理な走りをしたし、エンジンもレブりまくらしちゃって、だめだめだった・・・”

と終ってから落ち着くと、話してくれました。

”じゃ~今の体力を考えて、もっと落ち着いて走った方がい~よな~?”と言ってあげました。

それと右の親指なので、下りからのブレーキングが、かなり辛いようです!

レース後、数人の先輩方から・・・”上半身の力みが無かったように見える”などのお話をいただきました。

怪我をしていることで、自然に自分自身も無理な力を腕に入れないように走ったことが、逆に見ている方々は、い~走りに見えた部分もあったようです。

そのことを参考にして、H2は頑張ってほしいと感じました。



H2・・・

スタート台の故障で、大幅にスケジュールが遅てしまい、ちょっとダラダラな雰囲気の直人でした。

猛暑もあり、逆に緊張感が薄れたのか?

スタート・・・ホールショット!

さ~どこまで、H1の結果をわすれないで走れるか?と思いながら応援します。

前半戦・・・3番手をキープしながらの走行。

後ろには3~4台が、1ミスでもしたら前に出るぞ~の勢いを感じる攻めの走り!

いや~このH2、自分的にはかなり前半から、落ち着いてはしってるように感じました。

15分を過ぎても、ペースが大きく落ちる様子もありません。

今の体力じゃ~これが限界か?徐々に集中力が落ちてきたか?

後続のライダーのアタックを交わすのがやっとに見えます。

”直人、このまま行けますよ~”と先輩から言われましたが・・・親は不安なものです。

後半戦になると・・・残りタイムが気になります。

5~6番手をギリギリで走っているように自分には見れましたが・・・

ず~っと接近戦を戦ってる分、相手もかなりスタミナを消費している様子?に、先輩もチャンスがあると感じたようです。


ドキドキしながら・・・L3を出します。

直人が、うなずいたように見えた時・・・”落ち着いてるぞ~本当に初入賞できる”と感じました。

L2・・・5番手を順当に走り、6番手との差も少々出た様子。

L1・・・6番手、最後の力を出してのラストスパートで、一気に直人の後ろでロックオン。


正直、絶対に直人は抜かれないと感じていました。

今考えると・・・なんでだろ~?


直人・・・H2は、初入賞の5位でフィニッシュ。


いや~あの猛暑でこの結果は、今の体力の状態ではかなり合格だと思います。

もどってきて、車輛保管プールにバイクを置いて・・・みんなでホースの水を頭からかぶりながら、うれしそうに話している様子が・・・印象に残ってます。

次々と初入賞をよろこんでくれる仲間から、祝福をしてもらっていましたね~

自分も先輩パパさんたちから”直人よくふんばったね~おめでとう”と握手を求められて・・・優勝したかのように!うれしかったです。


確実に前に進んでいるように感じる直人ですが、やはり今回の藤沢では・・・朝の練習での怪我に始まり・・・は、やはり怖いです。

怪我を恐れてはライダー失格かもしれませんが、シリーズ戦を戦う上で一番大切なことは、必ず走り決勝に残ることと感じます。

幸い、ひどい怪我じゃ~ありませんでしたけど・・・次回のSUGOも怪我をしないように、今回のH2の気持ちをわすれず、落ち着いた走りを最後まで見せてほしいです。


メール&電話をいただいた皆様、いつも応援ありがとうございます。



2015年7月24日(金曜日)


全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会をなんとか終え、帰ってきました。


色々とご心配をおかけしましが・・・

土曜日の公式練習での、2コーナー大前転ですが!

右・親指の脱臼と現地で診断させた怪我は、村尾先生の再検査で・・・骨にひびが入っていることがわかりました。

問題のない個所ですので、怪我としては大したことが無く、数週間で完治するとのことです。

念のために今週の練習はお休みします!


結局、藤沢は連続の怪我!となっちゃいましたね~


金曜日、無事にパドックの設営も終わり、レースに向けてのタイヤ交換を4本&オイル交換をしました。


レースの間隔が、今回は短かったので・・・夜の整備が間に合いませんでした。

金曜日の午後は、パドック設営が終わると、少々時間があまりますかね~その時間を利用しました!


当初の台風接近による、お天気の悪さ?ほどじゃ~ない藤沢って~印象でした。



で・・・前日の予選などなど・・・

前回の、神戸でのスタートが良かったことで、かなり調子に乗っている風?に感じます。


公式練習・・・

いつものように最後の最後にコースイン。

じっくりとコースの様子を見ていました。

で・・・2周目から徐々にスピードを上げて3周目からタイムアタックがはじまりました。

この日の直人は絶好調!

いきなり・・・2番手タイムをたたき出します。

その後2周を周り・・・タイムの落ちも感じなく・・・でしたが!


あ~~~~~~

2コーナーで、フロントが深いサンドにつかまったのでしょうか?

豪快に大前転・・・おいおいやばいだろ~?

なんとか走り出しましたが・・・のろのろ運転で公式練習が終わりました。


パドックにもどると、”またハンドルが曲がっちゃったかもしれない”と直人。

右の手首を痛そうに押させていました?

早々に冷やして様子を見ましたが・・・やはり医務室行き!

診断は親指の脱臼とのことで、シーネで固定した状態で戻ってきました。


この手で予選・・・乗れるの?となりますよね~

本人は、から元気でしょうか?・・・やる気満々。


予選はA組とのことで、それまでの間はとにかく氷で冷やして待機です。

あっという間に予選の時刻。


やはり親指の痛みで、スロットル&ブレーキがやりにくいようでう。

先輩からのアドバイスで・・・

上半身の力を抜いて、できるだけ負担をかけないような乗り方を教えてもらったようです!


相変わらずスタートで出られれば、予選は余裕だ!と、かなり強気な直人でした。


台風の影響も大きくうけないで・・・

路面はベスコンといった感じです。


フカフカサンドの藤沢、ソフトタイヤで勝負。


今回は、指のことも考えて、ちょっと安ぱい?って感じの場所に入れて・・・センター。


ラッキーなことに、右に誰も入らない!

両側が空いている状態でのスタートは、精神的にもかなり有利に働きますよね~


こりゃ~落ち着いていけば、ホールショットも夢じゃ~ないか?な~んて考えました。


さ~予選A組のスタートです。


予想を裏切ることなく、綺麗なスタートから・・・ホールショット!


順調に走っています。


6分を過ぎた時点で、サインボードに”キープ”とだして、無理な走行を抑えさせます。


その後、#21モリモリに抜かれて・・・2位でフィニッシュ。

ラップタイムは、3番手だったか?でした。


とにかく今年の直人は、無事に予選を通過することが最優先。

色々と怪我の不安もありますが・・・決勝、今出せる力を発揮して頑張ってほしいです。



2015年7月15日(水曜日)

ちょっと前の作業ですが・・・

直人が復帰してから、最初の頃の練習では、いや~よく転倒していました!

何度かの転倒が続き・・・とうとうサブフレームからマフラーにかけて、大きく左によじれてしまったんです。

最初は、フレームを柱に固定して、ガッチャ(荷物を強く固定する道具)を利用して、引っ張ったのですが・・・うまく戻りませんでした。


そこで今度は、先にマフラーのエキパイ部分が内側に入ってるところを、直で酸素であぶり・・・強制的に外側に引っ張り出すことにしました!

チタン材なので・・・薄いですからね~酸素の量をやわらかくして、じっくりと温めてから・・・そ~っと引っ張ると!バッチリ成功です。

次に、同じく酸素を使い、各フレームにつながっているサブフレーム4本を、順番に温めてから曲げる・・・を4本繰り返して、こちらもバッチリとセンターに戻すことに成功しました~

CRFのサブフレーム事態の素材は、ま~そこそこの強度があると感じましたけど、何度も火をあてるとアルミ自体が弱くなりますので、そ~何度もできる修理じゃ~ないかも?

次にご紹介する作業も、かなりセコビッチ!な、我が家的作業です。


ZETAのホールショットデバイス。

250時代も含めて・・・これで3本目!

転倒の際によじれたりすることで、フォークに固定しているボルト(3ヶ所)の部分が割れて開いちゃうんです。


1個でも開いちゃうと・・・固定具合が不安になります?

そこで、写真のような修理をします。

斜めにかなり細いドリルを通して、グリップなどを固定するステンレスワイヤーを通します。

後は、ワイヤーをねじりながら、開いた部分を押しながら締め上げれば・・・ご覧の通りに、使えるようになります。

ZETAは、ノーマルのフォークガードと比べると、この部分の厚みが厚いので、この手の修理で、かなり強度も出るように感じます。


ま~見た目は、ちょっと格好悪いけど・・・

何でもかんでも新品交換じゃ~それはそれで、もったいないと思います。

使えるだけ使ってからの交換が、我が家の大原則です。




2015年7月14日(火曜日)

昨日は、お昼休みに靖国神社に行ってきました。

今、靖国では・・・みたままつりがおこなわれています。

今年は今までと違い、出店がまったく出ていません?

ど~しちゃったんでしょうかね~?

毎年、歩くのも大変なぐらいの人が参拝に来られるのですが・・・

恐ろしいほどに・・・がらがらの参道でした。

その分、落ち着いた雰囲気での参拝ができたことは、これはこれで靖国らしい、い~雰囲気と感じます。

参道を歩いていると・・・地面からの照り返しが強くって・・・猛暑では、頭がクラクラするほどの暑さで、Yシャツ&スラックスが汗で大変なことになりました!

何度参拝に来ても、この雰囲気は心が落ち着きます。


ま~ちょっと出店が無いのは、さみしい感じもしたんですけどね~・・・何か理由がありんでしょう。

しかし出店が出ていないことで、参拝に訪れる人が減っちゃったのでは?と心配になります?

左右提灯の灯りが綺麗なので、夜に訪れた方が・・・さらに雰囲気は良いように感じます。



2015年7月13日(月曜日)

夜中の雨の影響で、ドマディーのコース。

朝の公式練習も、ドロドロながら無事に終了。

速攻で洗車・・・意外と落ちづらい!

洗車してもタイヤや外装に白く何かが残り、気になりましたね~?

しっかりマディー対策をしてH1に備えました。


で・・・・少々、不安を感じながらのH1。

予選同様、直人は攻めのイン側にバイクを入れました。

何だかわかりませんけどね~ここのところのレースでの自信から、かなりリラックスした様子でした。

路面の様子も、重たいマディーという雰囲気に、転倒の不安を感じながら見守ります。


スタート・・・本当に今回も良かったですね~

綺麗にイン側の先頭に出ての1コーナー・・・ホールショット!

ドキドキしながら、直人の走りを見守ります。

その後のレース展開は、以下の動画で見れます。

観客の方が、撮影してくれたものですが、エンジン音の合間から小さいですけど解説が聞こえます!

ゴールテーブルからの落下の際は、解説の声が直人にもよ~~~く聞こえたそうです。

直人的には・・・

”たのむよ~~~俺にはかかわらないでくれ~~~~”ってず~っと思って・・・

今までのレースで一番、恥ずかしかった!とも言ってました。


それとコース復帰後のリタイヤ理由ですが・・・

直人は最後まで、走る気マンマンでした。

コース復帰早々に”リタイヤしろ”とサインボードを出しました。

無視して、走る様子アリアリで最終コーナーを出てきた直人を、無理やり止めさせて・・・自分がリタイヤしろと出した理由を説明し・・・強制的にレースをあきらめさせました。

賛否両論あると思いますが・・・

:すでに周回遅れでポイントを取ることは不可能と判断。

:明らかにバイクのダメージがあると感じました。

無理に走ったところで、ポイントもゼロ・・・タイヤを減らして、ガソリン使って、マ ディーでのエンジン負担を考えると、1台しかバイクの無い我が家にとっては、もはやレースを続ける意味がないと感じました。

フロントフェンダーのかち割れ状態から、ホイール・フロントフォークの様子も心配だし、H2がベストの状態で走れるのか?の不安を感じ、気持ちを切り替えてしっかりバイクの修理&整備をした方が大事と判断しました。

それにリタイヤの悔しさを感じ、H2にその思いをぶつけて・・・い~走りを見せてほしい。

H1での2回の転倒で、予想上に怪我をしていたことを、直人は私に一言も言うことなく医務室で治療を受けていたんです。


H2・・・スタート裏でバイクを押している様子が・・・足を引きずってる様子を見て”お前、どこが痛いんだ?”


正直、その様子を見たときに、H2も終わってると感じました。


気合は感じますが、そんなに甘い世界じゃ~ありません。

今の直人が怪我をおさえて走ったところで、結果が出るとはと~てい思えませんでした。


”さっきみたいにスタートで出られれば、なんとかなるよ”と直人。


予想通り・・・スタート出られずの5~6番手。

しかし綺麗にイン側に入り・・・2番手だったので、2コーナー前では2~3番手につけられるか~?と思って見ていた瞬間です。


イン側に綺麗に飛び込んだ直人の前のライダーが、1コーナー立ち上がりで、リヤタイヤを外に滑らせた状態から・・・横を向いてジャンプ。

”あ~転ける”・・・と、叫んじゃいました~

その瞬間、転倒したライダーとバイクに突っ込みそうになり・・・フルブレーキでよけてる直人。

完全に立ち上がりでの加速不足で・・・3~4台にアウトから抜かれてしまいました。


その後の走りは・・・ガタガタの路面ギャップを抑え切れなく、コーナーで転倒。

ジャンプでは、左手を振る様子がちらほら・・・

厳しい状態が続き・・・そのままフィニッシュ。


なんとかポイントをギリギリ取れた!という感じでした。


決勝には進も・・・この2戦での結果を見ていると・・・

体の回復が、マダマダといった結果じゃ~ないでしょうか?


人の何倍も体力アップのトレーニングを続けていかないと、このような結果が続くレースになると感じます。


怪我明けに450なんて何考えてるの?・・・と陰口を言われてる分、こんな戦いが続くことを、自分自身も重く受け止めてほしいと・・・心から感じた神戸大会でした。



追伸:かなり昔からリッターバイクのカスタム・ロードレースなどで、超~仲良くさせていただいていた、アドバンテージ(神戸尼崎市)の中西さんが、全日本ロードレース選手権の合間に、わざわざパドックに来てくださいました!

超~~~~久しぶりの再会に、話が弾みましたよ~~~

差し入れまでいただき・・・本当にありがとうございました。



2015年7月8日(水曜日)


まず先に・・・


今回の神戸大会では、チーム関係の皆様・FFF Racingを応援してくださいっている皆様には、大変ご心配いただき、心から感謝と共に、ありがとうございました。


ライブリザルトの普及で、リアルタイムに情報が公開されている分、今回のようなレース展開では、ご心配いただく状態になるんだな~・・・と痛感いたしました。


IA佐々木 孝多・IB松本 直人・共に怪我の方は、次回の藤沢までには完治できる方向で体の調整をしております。

次回のレースでも、大暴れできるように頑張ります。


直人&里香ちゃんは、2人そろって期末試験期間中!

いつものように木曜日移動が出来ず、金曜日の試験が終わってから、神戸に向かいました。

お互い、夜の9時ごろには無事・・・到着。

早々にテントの設営&荷物を降ろして、翌日の予選の準備をしてから夕食!

さ~これで・・・就寝。


土曜日・・・

直人の公式練習は、今一?今三?と言いたいぐらいに、ダラダラとした走り。

逆にバイクに問題があるのかな~?と最初は感じましたけど、一度ピットに戻ると・・・”バイクの調子は問題ないよ”・・・って!

そんなこんなで公式練習も、タイムアタック?って感じもなく終わっちゃいました。

本人もパドックに戻ると・・・”なんか俺、乗れてなかったよね~?”と、こっちに聞く有様で!

予選・・・超~~~~不安が残る様子でした。

マディーでの路面も、見た目以上に重たいようで、バイクのコントロールが辛いと話してました。


直人の予選は、前回のSUGOと同じA組。

またAかよ~・・・お前、予選大丈夫?

スタートは、自信があるから、前に出れば楽勝だよ~・・・と、いつも以上に自信を見せる直人でした。

しかしメンバーを見ると、はっきり言ってA組が、一番メンツがそろっていて厳しいクラスと感じます。

何を根拠に、それだけの自信につながるのか?って~話ですけどね~

前回のSUGOで、前の感覚を取り戻した!と言っていたので・・・じゃ~攻めのイン側で勝負。

 

予選A組・・・スタートです。

 

きゃ~って感じるバッチリのスタートでした。

 

親バカですけど・・・綺麗なホールショットに見えました。

その後早々・・・1コーナーからのライン通りをミス・・・2番手に落ちながら3連ジャンプ。

その後のコーナー取りで、直人がトップに浮上して・・・1周目は1位通過。

 

朝の公式練習が嘘のようにのびのびした走りの前半戦。

フープスセクション・最終コーナーからのストレートで、一気に差を広げて走っていました!

 

ちょっと親としては、期待しちゃいましたね~・・・このメンツの中での1位通過!

スタートから6分経過・・・後続のライダーが、一気に直人に迫りアタック開始!

これがまた・・・すんなりパスさせて・・・がっかりでした!

 

その後は、後ろの様子を見ながら・・・ペースダウン?

 

手元の時計では、10分12秒ぐらいでトップがゴールラインを通過・・・

あ~この周回でラストだな~と感じ見ていると・・・直人、またまた抜かれてるし!

どんだけ順位を落とすんだよ~と、思いながらも予選圏内だからでしょうかね~イライラはしませんでした。

 

あれ~も~1周あるの~?

で、ビックリしましたね~この時は!

しかし最後の最後・・・フープス手前の左コーナーでうまく前に出てからのフープス勝負で順位を1つ戻して・・・フィニッシュ。

 

”見た~俺のバッチリスタート・・・すごかったでしょう~”と、興奮気味の直人でした!

 

しかし、そのままトップ通過だったら、かっこい~ですけどね~・・・・?

 

予選の5分が過ぎた時、無理して転倒は嫌だな~?と感じ出したそうで・・・

コースの様子もわかったし、無理は禁物と気持ちを変えたそうです。

そんなことを考えて走ってるから、集中力やスタミナが付かないんじゃ~ないの?って言ってやりました。

 

里香ちゃんも無事に予選通過。

 

孝多君も・・・でしたが・・・

1コーナー先の変則ジャンプで別のライダーと絡み、そのまま空中でもぶつかり・・・2台とも転倒。

孝多君は腰&背中を強打、そのままタンカーで医務室に運ばれ・・・リタイヤ。

 

最後の最後に、ビックリなアクシデントで終わった、先日の予選でした。

 

横風が吹く中の雨・・・

パドックの中までビショビショ状態に!で予選終了後はフルカバーをして、明日の本番準備。

 

この後、夜中から本降りとの情報に・・・少々不安な夜でした!

 

 

2015年7月1日(水曜日)


今週末は、神戸の特設会場での全日本ですね~

我が家は本来、練習に行く予定を立てていませんでした。

ここ数ヶ月の超~遠征続きの週末に、お財布がパンクしました!

FFFファミリーのお仲間から声をかけていただき、20~21日の週末ですが・・・トランポに同乗させていただき、関西方面に移動しました!

土曜日は、直人がまだ一度も走ったことのない名阪。

聞いていた以上に、フカフカサンド&アップダウンもすごい・・・の印象です。

基本的に直人の好きなコースかな~?と感じましたけど、かなりスタミナが必要なコースだそうで・・・

この日の練習は、かなり直人にとってはい~練習になったと感じることができました。

最近の直人としては珍しく・・・早々にトランポに乗るとダウン!


翌日の神戸がメインで来ているのに、これで明日は大丈夫?って感じでしたが・・・お風呂で体を温めてからは・・・元気、復活!とばかりに後輩たちと道の駅で遊んでいたようです。


翌日、早目に起床して・・・いざ神戸。

最初の印象・・・狭い。

また、小石?砂利?・・・転倒=外装ガビガビ!

いや~冗談でも転んでほしくないですね~

シャンプからのコーナー・・・コーナーからのジュンプで、直線は1本(スタートから1コーナー)だけ!

後のストレートはフープスと複合ジャンプと!ま~直人の好きそうなコースと感じました!


実は、天気予報から路面はマディー?と想像し準備して来ちゃったので!この日のピーカンお天気にも関わらず、直人のタイヤは前後マディー用のソフト!

いや~これに関しては、かなり直人から大クレームが来るかと思ったら・・・以外にもそれほど気にならない・・・と帰ってきました!

短い練習時間の中で、ただがむしゃらに走るのではなく、直人独特のスタイルで練習してました。

次のコーナーを意識してのジャンプ。

450の性能を生かしてのコーナーリングなど・・・

やはり1回走っておくだけで、得られる情報は大きいですね~


転倒もなく、無事に練習は終わりました。

洗車場が遠く1つだけ?ってな様子に、洗車もしないでそのまま神戸を後にしました。

今回の遠征練習に誘ってくれた後輩パパさんには、本当に感謝感謝です。

そのように影で応援してくれている仲間の為にも、直人らしい走りで上位を狙ってほしいです。



お問い合わせ

TEL: 042‐396‐9261

FAX: 042‐390-4405

E-MAIL

mayuzumi@fff-racing.jp


営業時間

PM12:00~

近県でのレース開催日・出張修理日 お休み

 

訪問者数

カウンター