2018年10月15(月曜日)

 

一番、行かないといけなかった、ハンドル補助装置 KIVIの打合わせも、無事に終わりましたので、脊髄損傷をしてからの人生で、さまざまなところでお世話になり、ご努力いただいたますからね~

このような会場では、ご挨拶も大切です。

 

第二病院として、直人のリハビリに関しても、色々と相談させていただいたり、体育館を使わせていただき!などなど・・・バックアップをいただいている、国立 障害者リハビリテーションセンター病院のブースにも、お邪魔させていただきました~

 

写真は、ありませんが・・・・

直人が使っている愛車!

 

OXエンジニアリングさん

 

新型のZZRシリーズが、展示されてましたね~

ま~直人の車椅子は、まだまだ新しいですからね~早々に買い替えは、さすがにありませんが・・・

 

今後のことを考えると、目的に合わせた仕様の車椅子が、必要になると考えてます。

車椅子の世界は、日々、新しい商品が生まれてるといっても、言い過ぎじゃ~ありませんから、本当にこのような展示館では、各メーカーさんの今の!一押し・・・が、ずら~りと、並んでましたね~

 

少々、時間が残ったことで・・・

各有名どころの、車椅子メーカーさんのブースを、のぞきに行きました~

 

テレビで見たことのある、パラスポーツの選手の方&パラリンピックのメダリスト!が、あちらこちらにいらっしゃってましたね~

 

直人も、そんな選手の方々を横目に・・・ブース内を見学すると!

 

”こんにちは~・・・何か、スポーツやられてますか~?”

 

と、きまって声をかけられてました~けど・・・

 

”いえ、今は何も・・・・”

 

車椅子も、各種目別にですが・・・

実に、細かく仕様が分かれています。

 

一押しのスポーツを進められる直人・・・

 

圧倒的に、上半身の厚みや、腕の太さが違う、アスリートの皆さんの横にいる直人を見ると・・・

さすがに、直人は全体的にも線が細い・・・

このような、パラスポーツの選手が、愛用している道具の展示も多かったですね~

 

本当に、沢山のスポーツがあることが、このような会場に来るとね~本当におどろきます。

 

さすがにバイクはね~?ですけど・・・

 

展示ブースの方々も、皆さん同じようなことを言います・・・

 

まずは、なんでも自分から体験して・・・

 

その中から、やりたいことが見つかると・・・・・?

まだ若いんだから、必ず見つかりますよ~

 

スポーツを通じて、就職先だって見つかる選手が、た~くさんいますからね~・・・と!

 

11月初め、ブリジストン様主催での、2回目の車椅子テニス体験会に行きます。

2回目なんで、少しはうまくなるのでしょうか~?

 

車椅子の展示エリアを移動中に、すれ違って・・・

 

あれ~~~今の、拓磨さんじゃ~なかった~?

 

速攻、直人はUターンで追いかけます!

 

”すいません・・・青木琢磨さんですよね~?”

 

”あ~はい、そうです”

 

”あの~○○の○○○○さんから、青木さんのことを、よく聞いていて・・・”

 

”あ~○○○○さん、ハイ、知ってますよ~~~”

 

からの!自己紹介・・・

 

”なんだ~髪の毛の色、一緒だね~~~!”

 

脊損後、自分から決めてカーレースへの転向・・・

スポンサー様を繋ぐためのご努力・・・

レースへの熱い想い・・・

”これから自分でなにをしようと、自分が先頭になって、人の何倍も動き、努力して、そんな姿を見せなかったら、何も変わらないからね~

障害者になった時点で、も~後戻りはできないんだからさ~

普通のことを普通にできない分、人の手を借りるにしても、できるだけの努力を見せないと・・・”

 

ルマンへのチャレンジ・・・

色々と、お話を聞かせていただきました~

 

急に、声をかけちゃったにもかかわらず、直人の様子を見て・・・いろんな話をしていただき、本当にありがたいと感じました~

青木さんのチャレンジ精神・・・

引き継げるように、直人自身も変わらないといけませんね~

2人を見ていて、そ~感じました~

青木さん、ありがとうございました~

今後の活躍も、お祈りしております。

 

http://www.takuma-gp.com/

 

 

 

2018年10月12日(金曜日)

この1週間、色々とありました~

腰を、かばいながらの生活でしたが・・・

 

関西方面の仲間が、家に遊びに来てくれました~

モトクロスの仲間がくると、本当にうれしいです。

ましてや、遠方からですからね~本当に感謝しかありません。

 

各病院の診断書も、そろいましたので!

府中の運転免許試験場・・・

 

先に、電話で問い合わをしていたのですが・・・

 

免許の執行や住所変更などなど・・・

ドえらい混雑ぶりに、ただただマジかよ~でした。

 

整理券を取り、待って申請。

申請待ち中、呼び出しがあり、できたのか~?思いきや、診断書の内容に関する問い合わせ?

1時間半・・・・・

 

それから、目の検査・・・

にしても、車椅子は別の部屋。

目の検査にしては、20分以上出てこない?

出たきたので、やっと終わったのか~でしたが・・・”ね~失効している免許証だって~”

へ~まだ終わってないのかよ~・・・・で、直人は戻るし。

さらに、数十分経過・・・”ね~財布かして~”

1時間以上・・・言葉が出ません!

 

よ~やく、書類を持って出てきた直人も、すでに少し疲れている様子でしたが、そのまま写真を撮るといって・・・別室に移動。

 

さらに、ここからは・・・初めての免許書き換えですので、2時間部屋に入っての講習。

 

すでに、お昼が過ぎていたので・・・

その間にお昼と思ったら、試験所の食堂・・・・・・なんと!工事中。

 

道路沿いの、ファミレスまで移動して・・・

 

後は、車の中で直人を待ちます。

 

トータル、約5時間の免許初書き換え・・・

原付乗れません。

オートマ限定。

手動装置取り付け車限定。

免許証の表も裏も、色々と限定内容が記載されてました。

 

無時に終わり・・・

 

そのまま速攻で、高速に乗り・・・・

向かった先は?

ビックサイトで開催されている、国際福祉機器展に行きました。

 

着いた時間が時間なので!

のんびり会場を見る・・・無理!

 

そこそこ急いで・・・

顔を出すことろに、ご挨拶をします。

 

本当は、介護用品や、家で!これ便利じゃね~?的な商品があれば?だったんですけどね~時間が無くって残念でした~

実は・・・

この数日前に・・・

 

直人専用の車を、購入しました~

 

当然、そのまま運転はできません。

 

皆さんが良く見る、障害者の方々が、ハンドルの左にレバーがあり、それを操作しながら運転する補助装置。

 

直人と、自分の考えは・・・

常に片手運転状態で、緊急時や、細かなハンドル操作はできるのか?

微妙に車を寄せたりする際は、両手でハンドルが握れるにこしたことは、ありませんよね~

だれが、何を言おうが・・・

本来、車の運転は・・・

両手でハンドルを握ることから始まると考えてます。

 

そ~なると、残念ですが、国産の商品が見当たりませんでした~

ネット検索で見つけたのが、このイタリア製のKIVIというメーカーです。

ヨーロッパでの実勢は、もちろんですが、国内でも取付している車が、どんどん増えているようです。

 

会場では、窓口になるオフィス清水の清水社長とともに、本国イタリヤの社長さんも、来れられていて、長々と、お話させていただきました。

 

https://officeshimizu.jp/

 

これ本当に、良く考えて作られているんですよね~

 

ちゃ~んと、誤作動しないような装置がついていたり。

 

直人以外に、自分や嫁が運転の際は、補助装置が一切機能しないような安全装置が付いているので、普通に何も気にすることなく、運転が可能です。

当然ですが、直人が運転の際も同様に、ペダル関連が一切反応しないようになってます。

 

他の商品は、ブレーキなどに金属で直接連動していますので、補助装置が前後に動いたり・・・かなり、運転中に気になる構造です。

 

見ての通り・・・

ハンドルの後ろにあるリングを、押しても引いても、アクセルをふかしている状態になります。

右のレバーを、下に押しつけることで、ブレーキとなります。

ハンドルを握りながら、手首のスナップを使って・・・楽々、ブレーキ操作が可能なのは、探した限りで、このKIVIしか出てきませんでした~

 

後はなんといっても、さすがイタリヤ製だ~~~~~って、感じの見た目!

 

メチャメチャシンプルだし・・・・

 

国産の補助装置とは、比べ物にならない、デザインの素晴らしさ・・・・

 

も~これを見たら、デザイン・安全性の全てで・・・・文句なく決められました。

 

しかし、残念なのが・・・・値段。

国産の2倍以上の価格です。

 

しかしながら、最初にも書きましたが両手で、常にハンドル操作ができることを考えると、こればかりは金額じゃ~ないと断言できます。

 

別に、ゲスい話じゃ~ありませんけど・・・メーカーさんから、何かいただいてる訳じゃ~ありませんからね~誤解の無いように!

本当に、良く考えられていて、イタリアならでわのデザイン性との両立・・・

 

取り付け作業の打合わせも、無事に済みました・・・

 

 

続く・・・

 

 

 

2018年10月4日(金曜日)

すいませ~ん。

レポートが、空いちゃいまして~

実は・・・・・・・・

 

9月最後のレポート日(19日)の夜のこと・・・

 

直人は、脊髄空洞症の治療での、長期入院中に、自動車免許証の更新ができず、執行状態でした。

退院後、各病院からの診断書(入院日付あり)が、必要な為に待っていたんです。

翌日の20日に、最後の入院先(神経病院)の診断書も、いただけると連絡確認をして!

 

失効の際は、写真1枚を付けることになっていましたので・・・

車椅子でも大丈夫な、スタジオに行って・・・証明写真を撮ったんです。

 

自宅の駐車場について、直人を助手席から下す際・・・

かんぜんにドアを開けてする作業なのですが、この時は俺のうっかりから・・・

ドアが、空ききらない状態で・・・

直人を、かかえて車椅子へと降ろそうと、かがみだした時に・・・お尻が、ドアに当たり、前に押し出されるような状態になり・・・・

こりゃ~まずい・・・

バランスを崩して、車椅子と車のボディーの間に直人を・・・

瞬間、直人の気転で!なんとか直人を地面に落とすことなく、済んだのですが?

 

痛めていた腰が・・・・

その後、落ち着いたことになって、一気に悲鳴を上げだしました。

 

翌日は、直人の病院(検査)から、府中試験場に行く予定で、休みを取っていたのですが・・・

起きることすらできない状態・・・

ちょっとでも動くと、痛みから全身・・・脂汗と同時に貧血状態。

も~動けないと感じて、嫁に”おい、こりゃ~も~無理だから、救急車呼んでくれ~~~”

 

はい・・・・・

そのまま、入院となりました。

翌日、整形外科の先生がMRI。

 

いや~入院からの4日間は、本当に地獄でした~

 

天井&右の窓から見える外の様子以外は・・・何も!

 

おまけに、部屋の空調の影響から、のどの乾燥となり・・・

 

のどに、炎症をおこしてしまい、入院後早々に、咳&タンですよ~

となるとその際に、腰に激痛を伴い、痛みから本当に意識が飛びそうになります・・・マジ。

こんな時の、せめてもの楽しみは食事ですよね~

 

直人と違って、自分は3食すべて、美味しくいただきました。

 

この病院、直人が入院していた病院とくらべると、味が濃くって、俺好みって~とこは・・・助かりましたね~

 

 

症状ですが・・・・

 

腰椎椎間板ヘルニアL4/5(腰椎の4番と5番の間にある、椎間板が飛び出しちゃって、神経根を刺激しているようです)

ひどくはないですが、L5/S(5番と仙骨の間)も!ヘルニアだそうです。

整形外科の担当医は・・・手術をした方が、後々を考えると楽ですよ~?

 

しかし、同じ整形外科の院長は・・・

このまま、リハビリをしっかりして、温存治療を進めます?

 

マジで・・・

この病院、ど~なってんだよ~?でした。

 

その後5日目、痛みを抑えてのリハビリ・・・

その夕方、さらなる激痛により、入院時に近い痛みがもどり・・・・

 

俺は、入院している部屋で・・・・超~~~~~~激怒。

 

あわてた病院側は、お尻の穴に・・・ブチュ~~~~と、術後によく使う、痛み止めを入れてきた!

 

その後は、リハビリを拒否して・・・3日間、ベッドから動くのは、すべて自分の意思だけで、動ける範囲で動き練習を重ねました。

なんとか車椅子に、移ることができてからは、毎日、動ける範囲が進む・・・進むで、嫁の介護で・・・お風呂に、入れるようにまで復帰!

 

そこで、病院側のリハビリも再開すると・・・

 

あっという間に、歩行器を使っての歩行まで進み・・・

 

AM6:00起床~

そのまま15~20分、1人で歩行器につかまり、病棟をぐるぐる歩いて自主トレ!

 

昼前に、病院のリハビリ・・・40~50分

 

3時過ぎ・・・

15~20分のぐるぐる歩き・・・

 

自分で言うのもなんですけど!

一気に、動けるようになりました~

 

自分の方から、先生へ退院の話をします。

先生も、手術を進めますが・・・・”もし退院後に、痛み止めを飲んでいても、腰に痛みや足にシビレが出たら、必ず、再診してほしいんで!お知らせください・・・”

 

3度目は・・・・確実に、手術になります。

 

と、断言されました!

 

最初の腰痛(9月3日)から、1ヶ月が経過しました。

2回目の腰痛から、ちょうど半月!

 

様子を見ながらですが、今日から仕事に復帰しました。

まだ長くは、歩けませんね~

柔らかい、フアフアした椅子によっては、痛みがかなり出ますね~

 

も~腰痛は・・・こりごりです。

 

お問い合わせ

TEL: 042‐396‐9261

FAX: 042‐390-4405

E-MAIL

mayuzumi@fff-racing.jp


営業時間

PM12:00~

近県でのレース開催日・出張修理日 お休み

 

訪問者数

カウンター