2019年9月19日(木曜日)

 

時間の合間に進めている、ハリス復活計画ですが・・・

 

いや~今年の夏は暑い・・・!

いやいや・・・くそ暑いです。

 

FFFの工場内は、数時間いられない!

まさに日中はサウナです!

頭から流れ落ちてくる汗で・・・

本当に集中ができない!

 

おまけに、ちょこちょこ休みながらやるので、メチャクチャ効率が悪い!

 

で・・・

マフラーの交換&加工です。

 

このモリワキ(モナカ管)は、直人のモトクロスサポートをし出して、乗れなくなった直後の改正で、このままじゃ~車検に通らなくなっちゃいました~

で、ひとまずこれは後で、サイレンサーの内部の加工することにして・・・

 

別のサイレンサーを購入して、新たに集合部から作っちゃおう!と考えました。

 

加工するたに必要な、中間パイプをネット検索。

 

ヤフオクで、寸法・パイプカーブの感じなどなどドンピシャ発見!

 

ヨシムラの隼用、ステンレス管左右セット(凹みあり)。

これを破格でゲット!

 

その内の1本を、モリワキ用にして・・・

 

残りの1本を、車検用にします。

 

まず切断したマフラー集合部に、今回ネットで購入したパイプのジョイント部を合わせます。

 

当然ですが!サイズはドンピシャで入ります。

また、そこから先を新たに作りますので切断するのですが・・・

 

先に切断したモリワキ管が、ステップを綺麗に避けて、後方へ立ち上がれる用うなイメージの位置を探して・・・

その位置が決まったところでマーキングを細かく入れます。

そこで切断・・・

 

この採寸がずれちゃうと、仕上がりに大きな影響が出ますからね~慎重にやります。

 

いや~くそ暑いですけど、作業リフトに乗せてやっているから、これでも楽ちんで進められます!

 

モリワキ管の加工は、ここでひとますおしまいです!

も~1本の中間パイプの製作後に、一気に両方とも溶接していきます。

 

あ~書くの忘れてました~~~

少々順番が、おかしくなりましたけど!

 

家のすぐ横に、新青梅街道が通っています。

この新青梅街道と府中街道の交差点近くにアップガレージがあります。

 

仕事の帰りに自転車で寄り道した際に、よさげな!サイレンサーを発見したんです。

細かい仕様やパイプの合わせ面の内径など・・・

詳しくわからなかったので、その週末ですけど・・・ノギス持参で再チェック?

 

どうやら大型スクーター用とのことですが・・・

コンパクトで見た目のイメージがピッタリ!

おまけに数千円!

ドンピシャサイズ・・・で、購入しました~

 

この画像は、溶接が終わったあとですけど・・・

 

 

この溶接・・・

 

 

久しぶりにやったことで、えらい苦労することになりました~~~

 

いや~本当に、久しぶりに・・・キレキレのブチギレ!

 

 

続く・・・

 

 

2019年9月17日(火曜日)

 

MFJ全日本モトクロス選手権も、残すところあと2戦となりました。

 

この14~15日は、近畿大会(名阪)での第6戦でしたね~

 

FFF Racingは、IB・ジュニア各1台がエントリーでした。

事前の練習では、ま~そこそこ良かったんじゃ~?でしたけど、タイムも悪くはないように感じたのですが・・・

 

IB予選では、通過圏内を走りながらも!残念ながら転倒してしまい・・・

悔しい予選落ちとなりました~

ジュニアでは・・・

こちらもこちらで!大きなライディングミスにより危ないところもありましたけど!

決勝に進み・・・12位フィニッシュでレースを終えました。

 

深いサンドコースでの初レースとなったジュニアですが、良い経験だと感じます。

 

問題は、ここから!

 

予選落ちしてしまった、IBライダーパパから、なぜかフォームがおかしい?

乗れていないように見える?

しかし・・・

原因がわからない?

 

と・・・

かなり切実な声で、現地から電話がきました~

翌日の決勝を観るより、次のレース(九州大会)までに原因を探しだして、修正しないとまずいですからね~

で・・・

そのまま早々に撤収となり、現地を後にして・・・埼玉(川越)に移動!

 

15日は、朝からオフロードビレッジにて練習となりました~

 

急に決まったオフビ行きだったので、直人は残念ですが先約がありNG。

自分一人で行きました~

 

けっこう走りやす台数といった感じで練習スタート!

 

さ~問題はどこでしょう~?

 

最初の1本目は、何も指示をしないでライダーに、いつものように練習をしてもらいました~

 

で2本目。

コースの中に入り、ところどころのライディングフォームをチェックしていると・・・・

 

コーナー進入の際や、フープスやジャンプの着地での、フロントフォークの動きが気になります?

 

細かく左右に震えているような不思議な挙動と言えばい~のかな~?

とにかく何かが違うんですよね~?

当然コーナーでは、その後の立ち上がりにまで・・・もろに影響が出ちゃいますからね~

フロントフォークが、沈まない?動いていない?・・・

 

早々にライダーをコースから出して・・・

車に戻して、フロントフォークの状態を調べることにしました。

 

マイナスドライバーを手にして、ノッチを動かしてみて・・・1発で原因がわかりました~

 

左右の仕様が、全く違っていたんです。

 

いろいろ、こうなった原因は考えられますが・・・

 

むしろ大事なのは・・・

このようなトラブルが、今後2度と起こらないようにするための対策が必要です。

 

 

直人が現役で、レース活動をしていた時は・・・

FFFで、黛さんと自分で、整備・修理・チューニングをしていました。

上のクラスになるにつれて、専門分野のエキスパートの方々が、さらに直人のバイクを良くしてくださりました。

 

私は、ノートを1冊、常に持ち歩き・・・

FFFでの整備や、エンジンオーバーホールの際の内部の状態や処置したことなどを、こまめに記入していました。

またそのノートには、コースでのタイム計測や、サスの仕様変更や、マップへの情報変更等の作業時の気になることを記入したりと・・・

 

大切な1冊を、作っていました。

 

これ本当に重宝しましたね~・・・私は、すぐ忘れちゃうから!

 

 

 

また、今回のようなアクシデントがおこらないように、2重の管理として・・・

直接、自分がわかるようにパーツへ、マジック等で情報を書いちゃうのも、い~んじゃ~ないでしょうか?

 

こ~ゆ~ことも、レースを続けるうえでは、大切な事と改めて感じるトラブルでした。

 

後輩達にも、もっと沢山話をして・・・

パパさん方ではなく、ライダー自身がやるようにと!伝えていきたいと感じます。

 

 

で・・・

前情報が無いので、基本仕様に戻して・・・練習再開!

 

フロントフォークのセッティングを続けると、フォームも自然に改善してきます!

 

ライダーも、もっとサスペンションの動きに注意をはらい、走らせることを勉強してほしいと感じました。

 

 

 

2019年9月11日(水曜日)

 

車椅子から、1人で車に乗る込むやり方って、車の車種やその人の傷害度合いで・・・

 

本当に、これが基本って~のが無いように感じます。

 

また乗車後にも、大変な作業が待っている訳で!

車椅子を積まないといけません!

 

これが本当に、やっかいな作業です。

日々、晴天?なんていうこともありませんからね~

 

直人の車購入前には、いろんな動画を観ながら・・・

参考にさせてもらいましたね~

 

YouTubeを観ていても、直人のような車椅子の乗せ方は珍しいように感じますので・・・

 

ちょっと紹介したくって!

 

実に早く、楽に車椅子を積んじゃいます。

 

このやり方は、お天気が悪い日でも積み込みの際に、洋服を汚すような心配がまったくありません。

 

それと・・・

この手のミニバン&ワンボックス系で、自動開閉のスライドドアが条件になりますけど!

 

 

 

2019年9月3日(火曜日)

 

ここで!またまたハリスの復活!作業レポートです。

 

今日は、リヤブレーキ&マスターシリンダー・・・

1度、ブレーキオイルを綺麗に抜いて・・・

新しいオイルを入れてからのエアー抜きでしたが!

圧が上がる気配がない?

そこで・・・

マスターシリンダーのO/Hとなりました!

 

中のピストンシリンダーを抜くと・・・

あ~~~~こりゃ~~~~OUTだ~

ゴムの劣化でガビガビ!って・・・

なかなかひどい様子で、交換となりました。

で、品番からパーツを調べるためにブレンボのパーツ検索。

 

なんと!パーツが古すぎて品番が出てこない・・・

色々と検索したんですけどね~

たどり着けませんでした~

 

そこで・・・

ブレンボといえば、コーケンさんですよね~

 

直人のモトクロス参戦中は、アルマイト加工で、本当にお世話になったありがたい会社様です。

 

http://www.kohken-direct.com/

 

シリンダーのプッシュロッドの形状が違うのですが、そこはカスタムの仕方次第で!付けられるように加工するのが面白いんですよね~

 

速攻で注文しました~

 

元々、マスターシリンダーが付いていた位置からでは、スムーズな動きが難しいので、1枚このようなステーをアルミ材で作ることにして、フットブレーキの角度も今まで通りに使えるようにします。

 

材料は、もちろん!

FFFの廃材から探し出して!

7075材の3mmを使いました。

 

位置の変更に伴い、今まで使っていたロッドでは長さが足りません。

 

新しい物を製作する必要が有ります。

 

で!

またまた廃材を探して・・・

アルミ材52S・6mmの六角棒を見つけました~

 

お約束の旋盤作業となり・・・

これに、ピロボールを入れるネジを左右に切ります。

片方は、逆ネジ用タイプのポロボールを使うので!この作業での注意点です。

 

ま~ざくっと!こんな感じですね~

その間に、リヤブレーキの方にも問題がないかを調べます。

 

写真を撮り忘れちゃったのですが、リヤブレーキはAPロッキード・4Potキャリパーを逆(フローティング仕様)にして使っています。

 

こちらの状態は、ベスト!使用には全く問題なさそうでした。

 

ブレーキホースもOリングを交換して組み直し・・・再度、ブレーキオイルを入れます。

 

さすが!新品ですね~

 

あっと言う間に、圧がかかり・・・

かなりベストな状態に戻すことができました~

 

自分のイメージなのですが・・・

ブレーキマスターシリンダーに関して。

イギリス製のAPロッキードと、イタリア製のブレンボの違い。

APロッキードは、圧のかかり方がダイレクトで、強烈なストッピングパワーのイメージですね~

それと比べるとブレンボは、繊細なブレーキ操作が可能で、力加減の調整がダイレクトでしやすい(扱いやすい)イメージですかね~

 

まさしく、ライダーの好みで選べるアイテムではないでしょうか?

 

 

 

2019年9月2日(月曜日)

 

ちょっとレポートが遅れましたけど、8月24・25日の2Days・・・

 

HONDA様の合同練習が、名阪でありました。

 

FFF Racingからは、富岡 寿弥(IB)&横山 朋樹(ジュニア)の2名が参加させていただきました。

 

サンド独特の特徴的なコースでも有名ですよね~

 

いや~直人が、かなり苦手としていた深いサンドコースです。

これがまた、い~想い出の無いコース・・・・

 

それだけに、本当に難しいと感じますね~

とくに関東では、似たような路面のコースがありませんので、攻略としての練習が厳しいとも感じていました。

沢山の先輩方と一緒にできるこの合同練習は・・・

 

このように、ポイントポイントの注意や、アドバイスもいただけますからね~上達も早いですよ~

 

とくに、今回参加させていただいた朋樹君は、名阪初走行!です。

ま~関東エリアでの参戦じゃ~名阪に来ることないですからね~

 

とは言っても、今後の全日本参戦を考えれば、大事な練習となります。

 

次回の全日本・第6戦(9月14・15日)は・・・・ここ名阪が舞台です。

 

全日本参戦中の寿弥にとっては、レース前の貴重な練習です。

模擬レース形式での練習タイムを送ってもらっていたのですが・・・

ま~ま~これだったら本番決勝での、1チャンスに期待しちゃいます。

 

2人共に、怪我なく終わったようでした。

 

アドバイスをいただいたこと、忘れないで・・・

これからの走りに・・・

期待します。

 

 

お問い合わせ

TEL: 042‐396‐9261

FAX: 042‐390-4405

E-MAIL

mayuzumi@fff-racing.jp


営業時間

PM12:00~

近県でのレース開催日・出張修理日 お休み

 

訪問者数

カウンター